火曜日ゼミ(火ゼミ)

東工大の一室を借りて行われている科学史・技術史の研究会で、原則として毎週火曜日の午後に行われているので「火ゼミ」と呼んでいます。参加は自由です。
運営は東工大とは一応、独立の「火ゼミ運営委員会」が運営しています。
 
問い合わせ先:梶 雅範

場所:東京工業大学(東京都目黒区大岡山2-12-1)

→正門左手に学内の建物案内地図がありますのでご確認ください。

西9号館4階407号室

時間:基本的に午後1時30分からです。
2016年4 月〜7月までの火ゼミの予定
    開始時間:午後1時半
  • 4月12日 J. N. Butterfield「Quantum Nonlocality: a Philosopher's Perspective」(15時開始)
  • 4月19日 和田正法「学部生に研究倫理をどう教えるか」
  • 5月10日 加藤和広「スウェーデンの製鉄業について」
  • 5月17日 調麻佐志「科学計量学の科学論に向けて-政策に資する数値を生成するロジックの検討」(15時半開始)
  • 5月31日 斎藤憲「ギリシャ幾何学における接線の概念と接線決定の技法」
  • 6月7日 藤本大士「19世紀後半の日本におけるアメリカ人医療宣教師の活動」
  • 6月14日 札野順「公正な研究活動を推進する取り組みの現状と課題-文部科学省の調査結果を基に」
  • 7月5日 古谷紳太郞「量子論黎明期における物性研究」
  • 7月12日 戸田有信・忠鉢富美子「福島大科学者の震災後の活動と研究記録映画上映とディスカッション」
  • 7月19日 山崎正勝「20世紀物理学史と経験的実在主義」
  • 7月26日 村木二郎「日本中世の生産技術-近年の考古学の成果から」



火ゼミ運営委員会:梶雅範、栗原岳史、多久和理実、益田すみ子
Top


これまでの火ゼミの発表の記録(1997年3月-2015年12月)

Home