『技術文化論叢』第4号(2001)

    <論文>

    藁谷敏晴,武田明子 ドイツ語における分離動詞・非分離動詞の認知意味論的研究−前綴りuberの場合−
    Shizue HINOKAWA Cyclotron Development at the Institute of Physical and Chemical Research in the 1930s

<博士論文梗概>

綾野博之 19世紹後半のNATURE誌における科学の改革論の展開(1997年)
デマイオ・シルヴァーナ 幕末明治初期日本工学教育の展開に関する研究−横須賀黌舎、燈台寮修技校及び工部大学校の比較分析−(1998年)
木場隆夫 コンセンサス会議の形成とその意義−科学技術への市民参加についての考察(2000年)
 

<修士論文梗概(2000年)>

小長谷大介 Max Planckの電磁的エントロビーの導入に関する科学史的研究
小林学 蒸気機関用ボイラの発達と材料技術の関係について
水沢光 日本におけるテクノロジー・アセスメント行政の歴史的経過と考察−通産省工業技術院の取り組みを中心に−
金賢淑 連関論理とその意味論についての研究
米川聡 ヴイクトリア期イギリスのエンジニアに関する一考察−イサンバード・キングダム・フルネルを中心に−


第3号(2000)|第4号(2001)|第5号(2002)

もどる

Copyright(c)2007 技術構造分析講座
東京工業大学 Home Page社会理工学研究科 経営工学専攻 Home Page |